フルタイム勤務と子育ての両立に挫折した元SEの主婦がネットビジネスで時間とお金を手に入れる 「もっと、プラスアルファのくらし」

まんが好き ちょいオタ40代、3人の子育てをしながら月20万の収入を目指すアデリーのブログ

ヤフオクの出品手数料が約3%の値上げに【モバオク楽オクに乗り換える?】

      2016/02/04

ヤフオクの出品手数料が2016年2月16日から値上げになります。

ざっくりですが、

2016/2/15まで:落札金額の5.4%

2016/2/16から:落札金額の8.64%

3.24%の値上げです。




引用元:Yahoo!かんたん決済手数料および落札システム利用料の改定について
http://topic.auctions.yahoo.co.jp/notice/rule/post_1315/



この利用料値上げ、
Yahoo!かんたん決済の手数料を無料にしたツケを出品者に支払わせようということでしょうか。

出品側としては残念でなりません。





◆ほかのオークションに乗り換える?出品手数料は?

では
ほかのオークションやフリマアプリに乗り換えた方が得なのでしょうか?

有名どころのシステム手数料を調べてみました。


モバオク:0円

楽オク:6.48%(落札手数料5.4%+ポイント付与料1.08%)

メルカリ:10%


各サービスの特徴をまとめますと、



モバオクは完全に出品者優位のオークションといえます。
落札手数料は落札者が支払うシステムになっています。

《モバオク利用料》
http://www.mbok.jp/pgnt/tr_guide/commission.html




楽オクは出品手数料が6.48%かかります。

落札手数料5.4%+ポイント付与料1.08%という内訳です。

ポイント付与料とは、落札者に付与される楽天ポイントのこと。
楽天で買い物をするともらえる楽天ポイント、
オークションでは出品者が負担するシステムなんですね。

ちょっと気になったんだけども、
落札者がもらえる楽天ポイントは1%なんですよね。
残りの0.08%の行き先は?
やはり楽天の懐に入るってことですよね…。
モヤッとしますな。

《楽オク利用料》
http://auction.rakuten.co.jp/guide/basic/fee/




メルカリの出品手数料は一律10%。
なので、まだヤフオクの手数料の方が安いですね。





◆出品するならモバオクが優位!

これらのサービスを比較すると、出品者負担の少ないモバオクが最も有利。

でもモバオクは落札者が支払手数料を払う仕組みなのです。
(モバペイという落札代金に応じた課金システムになっています)

落札する場合は、手数料を計算しておかないと高額な利用料を支払う可能性もあります。

私も一時期利用していましたが、
・毎月324円の登録料がかかるわりにほしい商品が少ない
・落札時の利用料が数百円かかる
という理由から休止中です。





◆手数料値上げの対策

さて、ヤフオクの話題に戻ります。

落札手数料が値上げされた場合の対策として、
開始価格に手数料分を上乗せしておけば損はありません。

例)
1000円の出品:30円上乗せ
5000円の出品:150円上乗せ
10000円の出品:300円上乗せ


また、
Yahoo!かんたん決済の手数料が無料になったことで、
落札するユーザーが増える
→価格競争が起こりやすい
高額落札される可能性が上がる!


と考えることもできます。





◆おわりに

私は手数料の値上げでほかのオークションに乗り換える人は少ないと思っています。

理由は
ヤフオクは利用者が多いので、商品の回転が早いからです。

多少安くても商品がどんどん売れてリズムよく回っていくことが
オークション生活を続ける上でモチベーションを保つ秘訣でもあります。


もしも「ヤフオクデータまるごと引越しサービス」でもできたら
引っ越す人も増えるかもしれませんね。


この記事を書いているのが2016/2/3。
落札手数料の値上げまで、あと10日と少し。

値上げ前に売れるだけ売り切れるように、出品出品!

 - ヤフオク