フルタイム勤務と子育ての両立に挫折した元SEの主婦がネットビジネスで時間とお金を手に入れる 「もっと、プラスアルファのくらし」

まんが好き ちょいオタ40代、3人の子育てをしながら月20万の収入を目指すアデリーのブログ

ヤフネコ!パックvsはこBOON【どっちがお得か違いを比較!】

      2017/11/06

2016年2月から始まったサービス「ヤフネコ!パック」


ヤフネコ!パックとは
Yahoo!とヤマト運輸がシステム連携をして、
お届け先情報や発送連絡の自動化をしたものです。





しかし、
ヤフオクで宅配便を送るときは
ファミリーマートへ持ち込むとヤマト運輸が発送してくれる、
「はこBOON」があります。


あえて新サービスを投入してくるということは、
ヤフネコ!はかなりお得ということでしょうか?


以下に比較をしていきますね!





◆ヤフネコ!パックの特徴

まずはヤフネコ!の特徴から。

下記の3サービスが対象となります。


《ネコポス》



《宅急便コンパクト》



 通常の宅急便と比較すると宅急便コンパクトの方が
 割安になりますが、
 ヤフネコ!の場合は宅急便と同じ料金です。

 ですので、なぜ発送方法に入っているのか不明なくらいです(^^;)


《宅急便》

 ・通常の宅急便と同じですが、集荷はできません。

 ・ファミリーマートかクロネコの営業所に持ち込みになります。

 ・宅急便の料金は通常のヤマトでの発送よりかなりおトクです。





◆ヤフネコ!とはこBOONの料金比較

ヤフネコ!宅急便は、
はこBOONをかなり意識した料金体系になっています。


ためしに
東京都から近県へ発送した場合の料金を比較してみたところ、
はこBOONよりちょっぴり安く設定されています。



この表だけ見れば、ヤフネコの方がお得にみえます。

が、はこBOONは
重量で課金されるので、
同じ重量ならサイズが60でも160でも同一料金です。


例えば100サイズ、5kgの荷物の場合、
 ヤフネコ!宅急便:1004円
 はこBOON:803円
となり、はこBOONの方が約200円お安くなります


送料を計算するときは、重量とサイズの両方で判断するので、
結果はこBOONの方が安くなることが多いでしょう。


ちょっと話題がそれますが、

大きくて軽いものは「はこBOON」

小さくて重いものは「オークションゆうパック」が
安いです。





◆ヤフネコとはこBOONのサービス比較

では料金以外にどこが違うのでしょうか?

サービス内容を比較してみました。


ほとんど一緒ですね…。

あえて違いをあげるなら
クロネコの営業所に持ち込みできるか
どうかくらいです。

営業所に持ち込むメリットは、
19時頃まで当日扱いとして受け付けていることです。


対して
ファミリーマートは夕方の集荷時間が
店舗によって異なる
ので、
ヤマト営業所へ持ち込んだほうが
落札者様のもとに早く商品が届く可能性が上がりますね。





◆2サービスの決定的な違い

利用者側から見れば、
「ファミリーマート持ち込み」
「ヤマト運輸が発送」
と、似たり寄ったりのサービスで混乱してしまうことでしょう。

が、この2サービスには決定的な違いがあります。

それは
「運営会社」


ヤフネコ!はヤマトホールディングス
はこBOONは伊藤忠商事
がそれぞれ運営しているんですね。



類似したサービスが共存している理由が
腑に落ちました。





◆あとがき

ヤフオクの出品画面に新しく登場した
「ヤフネコ!パック」ですが、
正直サービスとして弱い気がします。



なぜなら
サイズに関係なく重量で課金される、はこBOON、
重量に関係なくサイズで課金される、オークションゆうパック
2サービスが結果的に安くなることが多いからです。



「サイズ、重量の大きい方」を基準にすると
ヤフネコはどうしても高くついてしまう。

そこを更に利用しやすくなるのかどうか。
今後の動きが気になります。


ただヤフネコ!にも強みがあります。


それは
「公式っぽさ」

名前がまず ヤフー!×クロネコの合体語ですし、
クロネコが配達してくれるのが名前からわかるので
初心者の方は安心感があるといえるのではないでしょうか。





いろいろ書いてきましたが、
ヤフオクは基本的に送料別の出品が多いので
けっきょく選ぶのは落札者です。

出品側としてできることは
発送の選択肢を増やして
落札者のニーズに応えることくらいですね。



 - ヤフオク, 梱包・発送