フルタイム勤務と子育ての両立に挫折した元SEの主婦がネットビジネスで時間とお金を手に入れる 「もっと、プラスアルファのくらし」

まんが好き ちょいオタ40代、3人の子育てをしながら月20万の収入を目指すアデリーのブログ

木更津海岸での潮干狩り口コミ情報【ネットだけではわからない!】

   

2016年GWの真っただ中、
「木更津海岸 中の島公園潮干狩り場」で
潮干狩りをしてきました。



前回の記事はコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

千葉県の潮干狩り場を徹底比較!【チェックするべき5つのポイント】
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

さて、前回の場所選びに続いて、
潮干狩り体験の最新情報をお届けします。

後ろのほうに木更津海岸潮干狩り場のまとめも書きました。

これから潮干狩りに行かれる方、ぜひ参考にしてください!





◆出発時刻について

潮見表をもとに、
干潮時刻の前後1時間半が潮干狩りができる時間帯になります。


<木更津海岸潮見表>
http://www.jf-kisarazu.jp/pdf/shiohigari28-ura.pdf


私が行った2016/5/5は
 開始 7:50
 終了 11:50
干潮時刻は9時半頃でした。



出発は東京都の某区。

では30分前の7時半前に着けばいいかな
だいたい1時間半かかるから、家を6時に出よう
たいてい遅れるから5時半に出発するつもりで動こう

と、思ったのが大間違いのはじまり。

自分が考えることは、みんな考えます


予定どおり6時前に出発できたのですが、
アクアラインに入るまでが大渋滞!

干潮時刻を逃したら元も子もないので、
行くかやめるか決断を迫られます。

けっきょく子どもたちの
「行きたい!」の声に押されて
潮干狩り決行となりました。

そして、
木更津に着いたときは8時をまわっていました。





◆駐車場について

近くのローソンでトイレ休憩をとり、
駐車場を探します。



木更津海岸 中の島公園潮干狩り場は
正直、駐車場が少ないです。

中の島近くの駐車場はすでに満車。
そのほかも駐車場待ちの車が列をなしています。

ふた手に別れて、
私と子どもたちは先発隊として潮干狩り場へ、
夫は車を停めに行ってくれました。

けっきょく地図の左側、バス送迎ありの駐車場に停めました。
(でもバスは使わず)





◆受付まで

潮干狩り場までは、歩きます。
時間にすると10分くらいでしょうか。

島なので橋を渡るんですが、
長~いスロープを上り、
橋を渡り、
また長~いスロープを降りたところにあります。



風がものすごく強いです。
帽子が飛ばされないように注意!

また、橋を渡る手前に熊手などの売店と
焼きそばやクレープなどの屋台があります。

ここの売店は熊手300円、網200円。
バケツ等も販売あり。


橋の向こうで買えるか心配になって
買ってしまいそうな衝動にかられますが、
買わなくても大丈夫です。
橋の向こうで手に入ります。


しかも橋の向こうなら熊手は200円です。


さて、
やっとのことで橋を渡ると、
入場券を購入するための列ができていました。

けっこう長かったけれど、
券の販売カウンターは3列あって流れが良かったです。

また、券の半券は帰りの計測時に
必要になるのでなくさないように!






◆潮干狩り開始まで

入場券の販売所の先に売店があります。

熊手購入200円、熊手レンタル100円。
口がまるく竹で編まれた網を200円で販売していました。

お世辞にも立派とはいえませんが、 ローソンより安いです。

(ローソンの熊手と網。こっちのが立派)


荷物を防波堤下の岩場に置いて、
日焼け止めを塗りこみ、
熊手と網を装備していざ出発です!






◆潮干狩り!

潮干狩りのやり方はいろいろな
ブログ等で紹介されているので、
ここでは個人的に体験したことをまとめます。

貝はあるポイントに固まっている

という情報をネットで見つけ、うろうろ探していたら
たまたま貝がたくさんのポイントをみつけました!

なのでそこを小一時間掘りつづけました。

(こんなにいっぱい!感激!)


掘れば掘るほど出てくるので、貝を一か所に固めて
大きいものだけ袋に入れます。

はまぐりが出るとテンション上がります!


でも、延々と掘りつづけているうちに、
単調な作業に疲れてきます。

でももっと大きいのが掘れるかも…

と思うと、もうとにかくやめられない。

まるで何かに憑りつかれたかのように
掘らずにはいられないのです。



4歳の娘が飽きて
ちょっとぐずってきました。

でもそこをヤドカリやらカニやらで
ごまかしながらその場にいさせ、
掘り続ける母。

一種異様な光景かもしれません(^^;)

迷子の放送もかかります。
きっと、同じような人がほかにもいるのでしょう。

そんな折、娘が転んでしまって
「さむい~」
と訴えたのを聞いてはっと我に返り、
ベースキャンプ(といっても荷物が置いてあるだけ)に
戻りました。

おそるべし潮干狩り。





◆貝の選別

この時点ですでに網袋は2/3以上いっぱいに。

ハマグリは数個、アサリはとにかくたくさんとれました!

持ち帰りの重量制限があるので、型の良い貝を選別します。

まずは網袋をあけて、ハマグリと特大のアサリを袋にもどし、
小さめのものはよけていきます。

が、
似たり寄ったりでよくわからん。

けっきょく大きさが3cmくらいの「基準の貝」をひとつ決めて、
それより小さいのはよける、
大きいのは袋へ、
微妙なのも袋へ。

といった感じで分けていきました。





◆帰るまで

帰りに持ち帰り用の貝を計測するので、
みんながとった分をまとめます。

網袋の1/4くらいで1kg

という目安で規定重量内におさまりました。


さて、今度は帰り支度。

しかし、どこもかしこも並びます。

計測場も並んでいるし、
計測後の水場(砂を落としたりする場所)も並んでいて、
もちろんシャワーも長い列。

持ち帰り用の海水を配っている列も長いけれど、
海水は砂抜きのために必須なので
そこだけ並ぶことに。


手持ちのバケツ+ペットボトル(計測場を出たところにある)に海水を汲み、
貝の入ったクーラーボックスにどぼどぼっと入れると、
ひたひたよりちょっと多いくらいでした。



そしてまた長いスロープを上って降りて、
もと来た道を戻っていきます。

帰路についた時刻は13時近く、
帰りはまたアクアラインへ入る渋滞が。

まっすぐ都内へ帰り、15時前には自宅に到着。

でもまだ潮干狩りは終わりません。

この後、道具の片づけと貝の砂抜き作業が待ってます。


(段ボールにごみ袋をかぶせて、貝が重ならないように並べました)


夜までかかって砂抜きして洗って冷凍して…


「家に帰るまでが遠足」
ならぬ
「貝を冷凍するまでが潮干狩り」
ですな。

疲れた~。





◆まとめ

木更津海岸 中の島公園潮干狩り場について

・干潮の30分前到着では遅いです。駐車場難民になる可能性大。
 GWだけかもしれませんが、早め早めの行動で!

・潮干狩り場まで歩くので、台車必須です。
 特に帰りは海水で重くなりますので、
 あるとないでは大違い。

・トイレは海沿いの施設にしてはきれいでした。
 ほとんど並ばず入れたのもよかった。

・ロッカー、更衣室、休憩所は使っていないので不明。

・シャワーも並んでいて使わなかったので使わず。
 空のペットボトルに水を汲んで足を洗うのに使いました。
 足を洗うだけでもサッパリ。

・足元はクロックスなどのサンダル履きでしたが特に問題なし。

・子どもは水着を着せれば良かったです。
 途中で転んで服が濡れてしまったので反省。

・売店で熊手、網袋、バケツなどの販売あり。
 貸熊手もあります。

 じゃがりこなどのお菓子やノンアルコールビールなんかも売ってました。





◆あとがき

GW中の潮干狩りは
とにかく人が多い!

でも掘ってる間はめちゃくちゃ楽しい!

というのが率直な感想です。

行くなら混むのは覚悟の上で。

渋滞対策をして臨みましょう!


 - プライベート